2010年07月03日

沖縄の古焼物

父の大事なコレクションの一部。

10070401.jpg



赤土をラフな感じで焼き上げたものは(左)「荒焼(アラヤチ)」。
上薬をかけたものは(右)「上焼(ジョーヤチ)」といわれるらしい(多分。勉強しなくちゃ)。

ただ、右のものは上焼きには珍しく大振りな酒甕(水甕?)だけど
結構ウラっ側がへたくそな作りだった。

この写真に写っているのは、彼にとってあまり重要度が低いらしいが(本人曰く)
価値の高いもの(本人曰く)から安いものまで
20個ほど200年くらい前の「沖縄の焼物」があります。

新居完成まで大事にしまってあります・・・
(あ、この部屋に乱暴に転がしてあるのは、父にはヒミツ)



人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 沖縄情報へ





posted by 台風一家 at 00:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 【沖縄で…】> 沖縄のアート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。